30年ぶりに赤ん坊の世話。子守にはドラマがちょうどいい

子守

先日、娘に頼まれて孫のお守りをしてきました。娘が歯医者に行っている間の3〜4時間です。娘が出かけてすぐに赤ん坊は寝たので、ひと安心。玉子サンドを食べて、このまま帰ってくるまで寝てるかも?なんて思っていたら、1時間ぐらいで起きてしまいました。

 

抱っこしてゆらゆらして、もう一回寝かせようとしていたら、手首が痛くなってきました。5キロぐらいあるから、結構ずっしりしています。私も50代だから、最近は手首とか弱くなっています。それで、寝かせて足を持ったり、手を持ったりして、あやしていました。赤ん坊が飽きてきたら、また抱っこしたりしていました。そのまま2時間が経過しました。
さっき玉子サンドを食べておいて良かったと思いました。そろそろお腹が空いて来たけど、赤ん坊が泣きそうで落ち着かなかったです。赤ん坊もお腹が空いてきたっぽいので、お湯を沸かしてミルクを作りました。沸騰したお湯を少し冷まして、ミルクを作り、哺乳瓶をお水に浸して人肌の温度まで冷まします。

 

なかなか冷めなくて、少し焦りました。赤ん坊はこっちを見て泣いていました。悲しそうな顔をして、涙を流して泣いていました。でも熱いのを飲ませてやけどをさせては大変だから、ともかく冷めるのを待ちました。そしてやっと冷めたので、ミルクを飲ませました。飲んでくれました!半分ぐらい飲んだ所で休憩しました。

 

あまり一気に飲ませると、吐いてしまうかな?と思ったからです。そしてそのままミルクは終わりです。残ったものはもったいないけど捨てました。置いておいたやつを飲ませて痛んでいたら、大変だからです。

 

なかなか寝ないので、録画してあったドラマを観ていました。「あなたのことはそれほど」。娘がドラマばかり観ているわけがわかりました。赤ん坊と一緒の時は、映画などは集中して観られないから、ドラマがちょうどいいです。子育て中ってドラマにはまりますね。気晴らしにちょうどいいです。

 

http://www.4afrikaans.com/