春は夏と冬が交互にやってくる季節

春

春は気温の寒暖差が激しく、すぐに風邪を引いてしまいます。5月は急に真夏のような暑さになる日があります。私はそういう日に今年初めての熱中症になってしまいます。毎年気をつけるようにしているのですが、気を抜いてしまった頃に、いつも熱中症になってしまいます。

 

今まで外出時はあまり水分補給をしなくても、気温が低かったのでそれほど気になりませんでした。しかし、今の季節は急に気温が上がることがあるので、予想以上に体が脱水してしまうことがあります。熱中症は体に熱がこもってしまい、それがなかなか外に排出しなくなってしまいます。水分補給が遅れてしまうと、頭痛や火照りなどの症状がでてきてしまいます。

 

今回は熱中症の次に続けて風邪の症状がやってきました。急激な真夏日のあとに、急激に気温が下がって寒くなったからです。夜は暑くて窓を開けて、薄着をしていたら、急に気温が下がってしまい、風邪を引いてしまいました。特に私は鼻風邪になりやすく、今はマスクが手放せない状態です。秋まで着ないだろうと思っていた冬物の服をまた引っ張り出して着ています。

 

夏と冬が交互にやってきているという感じで、体が付いていかなくなってしまいます。特に免疫力が低下していると、体調を崩しやすくなります。最近、少し睡眠時間が足りなかったので、それも影響したのだと思います。そこで、睡眠時間を少し長くして、早めに休むようにしました。また、カイロを再び使用したら、かなり風邪の症状が回復してきました。